男性作業員たち

イタチ駆除で我が家を守れ|さまざまな対策方法

家に住みつく獣を捕まえる

家

業者に依頼する場合

一口に害獣と言っても、小さなものではネズミやコウモリ、大きなものになるとアライグマやハクビシンのようなものになります。ネズミやコウモリについては自分で駆除することも可能ですが、アライグマやハクビシンの場合は「鳥獣保護法」という法律が関係してくるため、害獣駆除業者に依頼した方がよいでしょう。害獣を放置しておくと、食料を食べられたり、屋根裏や床下に糞や尿を撒き散らすなどして不衛生です。悪臭が出たり、害虫が発生する可能性もありますから、屋根裏や床下がうるさいなどの被害が出たら、早急に害獣駆除業者を呼ぶ必要があるでしょう。特に、アライグマやハクビシンは凶暴性がありますから、出くわしたときに噛まれるおそれもあります。

自分で捕まえる場合

自分で捕まえることができるのは、ネズミやコウモリといった比較的小さな害獣です。ネズミを捕まえる方法としては、ネズミが現れそうな場所にネズミ取りを仕掛けたり、床に粘着シートなどを置く方法です。毒エサでおびき出すのもよいでしょう。コウモリの場合は、天井裏や戸袋などに住みつくことがあります。コウモリは夜行性なので昼間は寝ていますが、夜になると外に飛び出て虫などを捕まえて食べます。益獣であり、大きな害はありませんが、やはり家の中に住みつかれると糞や尿の被害、さらには子供が生まれることもありますから、早めに駆除した方がよいでしょう。小さな獣から大きな獣の害獣駆除まで、家の中に住みつかれてしまった場合、確実に早急に駆除したいのならば害獣駆除業者に依頼した方がよいでしょう。